LAL / レイカーズ

ニュース -02/08-

  • 【トレード】 LAL/レイカーズ - CHA/ボブキャッツ間でトレードが成立。
      -- レイカーズはウラジミール・ラドマノビッチ(F)を放出し、シャノン・ブラウン(G)とアダム・モリソン(F)を獲得した。

ニュース -02/03-

  • 【試合】 LAL/レイカーズ コービー・ブライアントが61得点。
      -- 月曜日NYK/ニックス戦でコービー・ブライアントが61得点をあげた。
         センターのアンドリュー・バイナムを欠いたレイカーズだが、コービー・ブライアントが61得点
         パウ・ガソルも31得点14リバウンドと活躍し、チームを勝利へと導いた。
  • 【怪我】 LAL/レイカーズ アンドリュー・バイナムが8-12週間の欠場。
      -- 土曜日グリズリーズ戦で右ひざを負傷して退場したバイナムだが、細かい検査の結果、靭帯を損傷しており
         8-12週間の欠場となることが分かった。

ニュース -01/23-

  • 【AS】 オールスターゲームのスターターが決定!
      -- <EAST>
         アレン・アイバーソン / ドウェイン・ウェイド / レブロン・ジェームス / ケビン・ガーネット / ドワイト・ハワード
         <WEST>
         クリス・ポール / コービー・ブライアント / アマレ・スタウドマイヤー / ティム・ダンカン / ヤオ・ミン      
  • 【AS】 LAL/レイカーズ HCのフィル・ジャクソンがオールスターゲーム ウエストのコーチに決定。
      -- フィル・ジャクソンはオールスターのコーチとなるのは4度目で、92年・96年(当時ブルズHC)と2000年(当時レイカーズHC)
         でそれぞれ選ばれている。

ニュース -01/08-

  • 【怪我】 LAL/レイカーズ ラマー・オドムが右ひざを損傷、GSW/ウォリアーズ戦を欠場。
      -- 怪我は深刻なものではなく、その次のIND/ペイサーズ戦から復帰できる模様。

ニュース -01/06-

  • 【怪我】 LAL/レイカーズ フォワードのルーク・ウォルトンが足の怪我で最低2週間の離脱。
      -- 状態としては親指へと伸びる種子骨が炎症を起こしているが、一般的には手術無しで回復する。





2008-09 Roster              
選手名 Pos. 番号 身長 体重 生年月日 出身校 (HS=高校) 年数
Andrew Bynum C 17 211cm 109kg 87/10/27 St. Joseph HS 3
Pau Gasol F/C 16 208cm 95kg 80/07/28 Spain 7
Luke Walton F 4 203cm 98kg 80/03/28 Arizona 5
Kobe Bryant G 24 196cm 91kg 78/08/23 Lower Merion HS 12
Derek Fisher G 2 196cm 91kg 74/08/09 Arkansas-Little Rock 12
Trevor Ariza F 3 196cm 100kg 85/07/30 UCLA 4
Jordan Farmar G 5 191cm 82kg 86/11/30 UCLA 2
Didier Ilunga-Mbenga C 28 206cm 105kg 80/12/30 Congo 4
Chris Mihm C 31 198cm 102kg 79/07/16 Texas 7
Lamar Odom F 7 196cm 95kg 79/11/06 Rhode Island 9
Josh Powell F/C 21 193cm 91kg 83/01/25 North Carolina State 3
Vladimir Radmanovic F 10 208cm 95kg 80/11/19 Serbia 7
Sasha Vujacic G 18 208cm 113kg 84/03/08 Slovenia 4
Sun Yue G 9 188cm 79kg 85/11/06 China R
Shannon Brown G 12 193cm 96kg 85/11/29 Michigan State 2
Adam Morrison F 35 203cm 93kg 84/07/19 Gonzaga 1



ヘッドコーチ:Phil Jackson
平均年齢:26.5歳
平均身長:203.3cm
平均体重:103.9kg



2008-09 (~3月)
チームスタッツ
平均得点:108.9   平均失点:100.6   平均FG%:47.7




チームリーダー
平均得点:Kobe Bryant / 28.0   平均アシスト:Kobe Bryant / 5.0   平均リバウンド:Pau Gasol / 9.4
平均スティール:Trevor Ariza / 1.62   平均ブロック:Lamar Odom / 1.16






ピックアップ プレイヤー -Kobe Bryant / コービー・ブライアント-

  ・元NBAプレイヤーの父(現bjリーグ東京アパッチヘッドコーチのジョー・ブライアント)を持つ。
   名前"Kobe"の由来は、父親が来日した際に神戸牛を気に入ったということから。


  ・父親がイタリアリーグでプレイするようになり、幼少期はイタリアで過ごす。
   この頃はACミランのファンであり、サッカーに熱中していた。


  ・高校からアメリカに戻り、バスケットプレイヤーとして注目される。NCAA名門校からの勧誘を受けたがこれを断る。
   高校卒業から直接NBAを目指し、NOH/ホーネッツが全体13位で指名することでNBA入りを果たす。
   しかし、すぐにLAL/レイカーズがコービー獲得に動き、トレードによりLAL/レイカーズでシーズンをスタートさせた。


  ・ルーキーシーズンはベンチスタートでプレイ時間もあまり無かったが、スラムダンクコンテストに出場し、優勝を果たした。
   3年目にはスターターとして定着し、4年目にはフィル・ジャクソンがHCに就いたこともあり、プレイオフ優勝を果たす。
   以降3シーズン、レイカーズは連続優勝を果たすものの、ファイナルMVPは全てシャキール・オニールであった。


  ・05-06シーズンでは自身初の得点王となり、また、ウィルト・チェンバレンの1試合100得点に次ぐ
   歴代2位の1試合81得点という記録を残す。


  ・07-08シーズンではチームをファイナルまで牽引し(ファイナルでは敗戦)、シーズンMVPを受賞した。


  ・プレイスタイル;オフェンスバリエーションが豊富であり、ペネトレイトからのダンクやアウトサイドシュートなど
             コートのどこにいても得点できる能力を持つ。
             また、6度の1stディフェンシブチームに選ばれており、ディフェンスにも非常に定評がある。
             SGとして現役、かつ歴代でも屈指のプレイヤーであると言える。
             しかし、シャキール・オニールやフィル・ジャクソンとの確執、レイプ問題、インタビューでの
             チームメイトの批判など彼自身が批判されることもしばしばである。

  • 最終更新:2009-03-03 12:53:45